狭い路地の中、たくさんの子供たちが珍しがって僕についてくる。

そりゃそうだ。

こんなところに日本人がいること自体珍しい。

みんな僕に興味津々。

でも、そんな眼差しが心地よかったりするんです。

  • Country Bangladesh
  • Place Dhaka
  • Year 2005