旅的雑感(#021) 判断がつかない場合はサイコロを使う

今日は大漁。
Sri Mangal / Bangladesh / 2004

とある人気地方テレビ番組の真似なのですが、食堂とかに行った時、例えばヒンドゥー語で書かれたメニューしかなくて読めなくて全く想像できない場合は、メニューにあらかじめ出た目の数を割り当てておき(上から順番に採番するとか)、サイコロを振ってメニューを決定するという方法をとってたりします。

確実においしい料理にありつきたい気分の時は、周りで食べてる人と同じ料理を注文してますが、運に身を任せたい気分になるときがあるんですよ。そういう時はサイコロで。二択だったらコインの裏表で決めるとか。

食事の時以外にも色々運に身を任せるのが面白く、さすがに行先をサイコロで決めるのは日程の都合がつかないのでできませんが、そういうやり方を織り交ぜて旅行を進めるのも面白いです。

ちなみに、サイコロで決めた結果のものを注文した時、店員が何やら分からないことを言ってたことがあったのですが、ノープロブレムと連呼してたら、ライスだけ(なぜか一人で食べきれないほどの山盛り)が出てきたことがありました。「ライスだけでいいのか?ライス以外に何か注文するものはあるのか?」ということだったのね。

Leave a Reply