旅的雑感(#019) オムレツっぽいの

果物屋。
Vientiane / Laos / 2001

アジア圏を旅行していて、おなかが空いたときに、道路脇で売っている屋台的なところで、ハズレがなく一番安心して食べられる食べ物は「オムレツっぽいの」です。
中華鍋のような鍋を強火で熱し、油を入れ、卵を2個ぐらい割り入れて軽くかき混ぜ、玉ねぎのようなものを刻んだものを投入してカシャカシャと軽くかき混ぜて形を整えて完成というシンプルなもの。塩などはお好みで。たまに辛かったりする。小さい食パンがついてきて、食パンに挟んで食べたりすることも。

シンプルだけど安くて火が通っていておいしいです。
長距離バスから降りた後や、列車から降りた後に、まずは空いた小腹を満たすために、チャイを飲みながらこれを食べ、食べ終わったら宿を探しはじめてました。

これを食べると「旅してるなぁ」としみじみと感じてしまいます。

Leave a Reply